チャットボット、いる?いらない??


『チャットボットを導入しよう』そう考えた理由は何ですか?

チャットボット導入を検討した際に、

「最近よく見かける」

「使ってみてなかなか便利だった」

「なんだかよさそう」


こういった単なる好奇心や、興味本位で導入をするのなら、あまりお勧めはできません。


なぜなら、チャットボット導入目的がビジネス上の目標を達成し、実質的な利益を生み出すよう期待するのであれば、単に正確な受け答えができる、といった機能以上のものが必要になるからです。


チャットボットはコンバージョンを明確にし、ユーザーのニーズを満たさなければなりません。

そのため、チャットボットがあることでより簡単に、より速く、より良くできるタスク、サービス、プロセスが特定できない場合は効果を判断することが難しいのです。


チャットボットに限らずさまざまなツールでいえることですが、チャットボットも例外ではありません。


もし、雑談の目的だったとしても「どのようなユーザー」がターゲットなのか、どのような着地点であればユーザーは満足してくれるのか、再訪したくなる会話をデザインする必要がああります。

しっかり準備して導入すれば効果は絶大

その代わり、企業の目的に適した、ユーザーにとって役立つチャットボットが作ることができれば、次のような利点が得られます。

  • ブランドの親和性とロイヤリティが向上する

  • ブランドの考えと個性が強化する

  • 競合他社と差別化できる

  • エンゲージメントとインタラクションの時間が増加する

  • コンバージョン率が高まる

  • 人間とやりとりする前に、より充実した顧客サポートができる

チャットボットは、ユーザーを理解するための豊富なデータが手に入る、素晴らしい情報源でもあります。


チャットボットは、訪問時間、クリック数、離脱したポイントなどの単純な分析を超えて、ユーザーの言語、感情、ニーズに関するデータを収集したり、チャットセッション中に直接フィードバックを求めることができます


人工知能は、コンテンツやサービスのアイデアを生み出し、不満を明らかにしたり、より良いボットを構築する機会を特定することができます。

導入前に、確認しておくこと3点

  • 現状の課題を“定量化”できているか

  • 対策するべき箇所が明確になっているか

  • “回答”が用意されているか

以上のことを念頭において準備すれば、チャットボットはビジネスにとって力強い味方となります。

確認しておくこと3点について、詳しい資料をご希望の方はこちらからダウンロードしていただけますのでお役立てください。